アイピルは通販でも購入できる商品です

アイピルとは事前に飲むことで避妊効果を得るタイプのピルとは違い、性行為を行った後でも避妊ができるといった薬品になっています。
お酒のせいで判断力が低下していて避妊を忘れてしまった、男性用の避妊具が破けていたことに気付かず性行為を行ってしまったなどの際に妊娠を避けられる薬だとイメージしておけば分かりやすいでしょう。

アイピルを服用すべきタイミングは、性行為を終えてから72時間以内が適切だとされています。
ただし72時間以内に飲んだとしても100パーセント妊娠を回避できるわけではありませんし、男性器を女性の膣から抜いてから24時間以内にアイピル飲んだほうが妊娠回避の成功率が高まるとも言われております。
極力早めに飲んだほうが女性の身体にとってはいい薬だということも覚えておくべきです。

そんなアイピルはインターネット通販で購入できるといったメリットがあり、病院で処方箋を書いてもらわなくても入手しやすいことから未成年でも比較的買いやすくもなっています。
性行為をするのは何も成人女性だけではありませんし、未成年であっても緊急時に避妊が叶う薬を持ち歩いていたほうがいざというときに安全ですので、お守り代わりとして所有しておくといいでしょう。

では病院ではアイピルを処方してもらえないのかというと決してそのようなことはなく、副作用が発生しないかを調べた上で処方してもらえるようになっています。
通販購入との違いとしては第三者に避妊薬を持っていることを知られてしまう幅が広まるということだけであり、製品の質や効果はどこで買っても同じだと認識しておいてください。

病院と通販のどちらでアイピルを購入したほうが価格が安いのかというと、保険が適応されないため病院のほうが価格が高い場合が多くなっています。
しかも個人輸入代行の通販サイトの中には避妊薬の割引キャンペーンを実施しているところもありますので、通販でもタイミングが合えばより安い金額で買えるとも言えるでしょう。

アイピルを持っておくことのメリット

アイピルを持っておくことの最大のメリットは、緊急時に避妊が高確率で可能となることから望んでいない妊娠を避けられるということです。
子供が出来てしまってから中絶手術をすると相当な費用がかかってしまいますし、次の妊娠にも影響を与える可能性がありますので、自身の身体を大切にしたいならアイピルを持ち歩いておくべきだとされてます。

女性からすると屈辱以外の何物でもありませんが、万が一男性から乱暴を受けてしまったとしてもアイピルを所有していれば即座の避妊が叶います。
強姦するような男性は当然避妊具など使用しませんし、病院に行って避妊治療を受けようにも近場に該当する病院がなく避妊が遅れてしまうという状況も考えられるため、アイピルはお守り代わりにポーチの中にでも入れておいたほうがいいでしょう。

同じような効果が見込める避妊薬に比べてそもそもの金額が安いというのもアイピルのメリットです。
学生でも気軽に買いやすい価格なので、仮に無くしてしまっても再度買いやすいといった利点があります。
緊急対応用の避妊薬を頻繁に利用する機会など滅多にないでしょうが、念のために沢山持ち歩いておきたいときでも価格の安さから希望が叶いやすくなっています。

またアイピルは特定の個人ではなく幅広い女性に使用できる避妊薬になっていますので、友達や知り合いに分けてあげるようなことも可能です。
身近に昨日の夜避妊に失敗してしまったことで悩んでいるような方がいるようなら、自身が持っているアイピルを分けてあげるといいでしょう。
緊急時に役立つ避妊薬だという特性をわすれずに、常に携帯しておくことがアイピルの場合大切なので、必要なら専用のピルケースを事前に購入しておくことを推奨します。