低用量ピルで子宮頸がんのリスクが軽減できます

カプセルが乗っているスプーン

女性の中には低用量ピルを服用している人がいます。
その数はとても多く、現代女性にとってはなくてはならないと言っても良いかもしれません。
女性にとってとても嬉しい効果があると言われており、その中の一つが子宮頸がんの発症リスクの軽減があります。
すでに、実験データが出ており、低用量ピルを服用したことで非服用者よりも子宮頸がんの発症リスクがいくらか軽減したことがわかっています。

女性ホルモンが入っていますので子宮内膜症にも良いと言われています。
実際に治療する際に低用量ピルを処方されたことがある人も多いでしょう。
これらはどちらも女性ホルモンが関係しているので効果が期待できるのでしょう。

女性ホルモンが関係している病気は女性特有のがんもそうですし、子宮内膜症もありますが、他にもいろいろとあります。
現代女性は出産経験がなかったり、出産が遅い人が多くなりました。
これらの女性は女性ホルモンが関係している病気を患う可能性が高くなります。
昔と比べても女性特有の病気になったことがある人は増えています。
現代女性は女性特有の病気を発症するリスクが高くなっているので気を付けましょう。

また、ホルモンバランスが乱れることでいろいろな体調不良を起こすことさえあります。
月経不良になることも珍しくはありません。
市販薬でやり過ごしている人が多いですが、放置しておくことは決して良いことではありません。
医師の診察を受けて、適切な治療を受ける必要があるでしょう。

ホルモンバランスが乱れやすい世の中ですから、低用量ピルはとても需要が高い薬となりました。
処方されて継続服用していませんか。
おかげで体調が改善したり、子宮頸がんになることもなく、健康的な毎日を過ごすことができるかもしれません。
昔と比べると低用量ピルも改良されていますし、より服用しやすくなりました。
日本では医師の処方せんが必要ですが、安全に低用量ピルを使用できるので多くの女性を救っています。

発症予防としての効果が期待できる理由

なぜ、低用量ピルを継続服用していると子宮頸がんの発症リスクを軽減できるのかは、女性ホルモンの影響が考えられます。
服用していると排卵を抑制できるからです。
排卵が当たり前だと思っていませんか。
排卵することで女性の体が傷つけられています。
つまり、子宮内膜症もそうですが子宮頸がんの発症リスクが高まると言うことです。

毎月の排卵によって、卵巣の損傷が起こります。
だから、排卵を抑えれば卵巣を傷つけなくて済みます。
妊娠するためには必要なことだとはわかっている女性は多いですが、卵巣が損傷を受けていることを知っている人は少ないはずです。

また、卵管頸管粘液が変化することで精子の侵入を防ぎます。
それと同時にウイルスなどの侵入も防ぐことができるので、不妊の原因となる病気の発症リスクも軽減してくれます。

いろいろな女性特有の病気を予防できるので、継続服用すると良いでしょう。
子宮頸がんの発症リスクが軽減され、10年間服用するとリスクが2割くらい軽減されます。
しかも、長年継続服用していて服用をやめたとしても20年は同じくらいリスクを軽減できます。

子宮頸がんを予防するために服用するのも良いですが、それ以外にもメリットをたくさん感じるかもしれません。
もちろん、服用する際には医師の処方せんが必要ですので医師の説明をしっかりと聞いてください。

全くデメリットがないわけではないので気を付けてください。
また、服用する際には容量・用法を守りましょう。
正しく継続服用すれば子宮頸がんなどの発症リスクが軽減するので興味のある人は婦人科で医師と相談してみませんか。
診察の時にはデメリットについての説明もしっかりと聞いて安全に使用しましょう。